2017年12月09日

12月9日、やわらぎ斎場 葬儀の相談室イベント『妖怪の相談室』開催!!

明日です!フリーライブですのでふらっと来ていただけたらと思います😆

24796790_1726961357354879_2797579134267965085_n.jpg

やわらぎ斎場 葬儀の相談室イベント
『妖怪の相談室』開催!!
12月9日(土)
「葬儀の相談室 琴似駅前」
札幌市西区琴似2条1丁目
JR琴似駅前 5588KOTONIビル1F
電話 011-633-4621
時間:16:00~17:00
入場料:無料

妖怪の視点で終活を弾語り!
妖怪ソングの目白押し!
歌い手の福島朋子さんを特別ゲストとしてジョイント曲もやります。
さらに、ミュージシャンのオーノキヨフミもサポートで参加決定!
新作CD「妖怪百歌物語」(4曲¥1000)も販売します!

限定10名様の要予約イベントとなっておりましたが、葬儀の相談室さんのご好意で会場に入れる限り大丈夫になりましたので、沢山来ていただき盛り上がれたらと思っています!妖怪大集合で歌いに踊りに来てください😆

写真:山田夏蜜
posted by モノノケユースケ at 01:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月06日

モノノケユースケ最新CD「妖怪百歌物語」も好評発売中!!

11月18日から発売中!!
「妖怪百歌物語〜社守篇」の劇中歌として作曲された「三郷山数え歌」「安達ヶ原の月」など4曲収録!
24740682_1724832957567719_893544877_n.jpg

モノノケユースケ最新作
『妖怪百歌物語』(2017/11/18発売)
1 それゆけ!オンモラキ
2 水の女
3 三郷山数え歌
4 安達ヶ原の月
価格:¥1000
現在ライブ会場中心に販売中!

作詞/作曲/歌:モノノケユースケ
作詞(3曲目):鷲頭環
歌:福島朋子
コーラス:HA'Ru
わらべ歌:葵&MAGURO
サウンドメイク&レコーディング:オーノキヨフミ

価格:¥1000
現在はライブ会場を中心に販売中!


CD宣伝動画です!
CM動画制作 オーノキヨフミ/イラスト モノノケユースケ
https://youtu.be/M61fygTxEu4

11月18日の公演の宣伝動画です!こちらの曲がCDにも収録されています!
動画制作 新井田琴江(劇団怪獣無法地帯)
https://youtu.be/ue-V3sHKj-A
posted by モノノケユースケ at 23:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

妖怪百歌物語〜社守篇、無事に終演しました!

23658783_925833634237457_2108224263798099736_n.jpg

こちらに書くのが遅くなりました💦
妖怪百歌物語〜社守篇、無事に終演しました!
有り難いことに2公演とも満員御礼!
本当に皆さん、ありがとうございました!
終わってみて、アンケートやメール、SNSなどあらゆる反響をもらっています。
これは本当に有り難いことです。
企画者として至らぬ点沢山ありましたが、演出の鷲頭はじめ、役者チーム、音楽チーム、
舞踏のイクラさん、スタッフ一同一丸となって思いを届けられたのではないかと思います。
本当に、携わってくれた皆さん、ありがとうございました!
まずは、これで一日限りのこの舞台は終わりますが、皆さんからいただいた思いに突き動かされ、
水木先生の魂に突き動かされ歩みは続いていくのかと思います。

本当にありがとうございました!

また、必ずお会いしましょう!

モノノケユースケ拝

※撮影 山田夏蜜
posted by モノノケユースケ at 23:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月24日

今年もやります!妖怪百歌物語!11月18日琴似パトスで怪催!

久しぶりの投稿になります。いきなりイベントのお知らせで恐縮ですが、
今年もやります!やらずにはいられない!

北の果てから気炎吐く。
ミュージシャンのモノノケユースケと脚本家鷲頭環によるコラボ音楽劇。
数多の妖怪達の歌物語。故水木しげる氏の命日に捧げた昨年の第一回公演に続き、
今年は装いも新たに琴似パトスで怪祭(開催)!

21314550_885939364893551_1968185944156355219_n.jpg

モノノケユースケ企画
妖怪音楽×妖怪演劇
『妖怪百歌物語〜社守篇』
11/18(土)
ターミナルプラザことにパトス
札幌市西区琴似1条4丁目 
地下鉄東西線琴似駅B2F

前売り \1800/当日 \2300
学生 前売り \1000/当日 \1500
小学生 500
未就学児入場不可

壱怪目公演
15:00 開場/15:30 開演
弐怪目公演
18:30 開場/19:00 開演

脚本・演出 鷲頭環
照明補佐 津元敬子
造形製作 中川有子
人形製作 ZOILIA
メイク 土岐友莉夏
衣装協力 大坂友里絵
衣装アドバイザー KEME

出演

佐々木唯
高濱杏実(螢火桜月)
新井田琴江(劇団怪獣無法地帯)
畠山真波(螢火桜月)
増子智也
御燈
HAR'u(螢火桜月)
MAGURO
Roman(螢火桜月)

音楽
ムックリタッチ&ミー/福井岳郎/福島朋子
舞踏 ikura


ご予約は、下記のアドレスや連絡先、公式サイトのページへのDM、
各出演者やスタッフなどの関係者に言っていただいても大丈夫です。
お待ちしております。

妖怪百歌物語公式サイト
http://fakecourtney0421.wixsite.com/youkailive/2017

主催者連絡先
mononoke_rock@yahoo.co.jp
mononokerock096@gmail.com
09028105852

会場連絡先
パトス 011-612-8383

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
妖怪達の伝承を紐解くと、その中に現代と繋がる何かに気づく。
それは、連綿と受け継がれて来た命の物語ではないだろうか。
人や自然がどのように生きて来たのかのドキュメンタリーだ。
妖怪とはなんだろう?
僕らに何を伝えようとしているのか。
(企画/音楽 モノノケユースケ)

町中の壁に描かれた小さな鳥居には、いたずらやゴミのポイ捨て防止の効果があるという。
鳥居を前にして悪いことはできない。
それは宗教でなく信仰なのだと思う。山には山の神様、川には河童様、沼にはヌシ様がいて、
人間を見ている。神様も妖怪も精霊も人間も、獣も魚も虫も、土地土地に生きている。
その中で受け継がれてきた魂を、歌と芝居にのせて。
(脚本/演出 鷲頭環)



posted by モノノケユースケ at 22:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月13日

8/6はツリチャノーモアヒロシマライブ8/9は柴田大輔写真展、8/13に向かっていく矢臼別の歌

DSC_0982.JPG

今年の8/6は、地元手稲のライブ居酒屋
ツリーチャイムのノーモアヒロシマライブに
出演させていただきました。
長崎でお会いしたりょうこさんの被爆体験の
お話から産まれた曲『ヒカリニカワル』
を聞いて、ツリチャのママが「胸がいっぱいに
なった」と言ってくれました。
それを聞いてこちらも胸が熱くなる思いでした。
その後、ママが歌った森山良子さんのサトウキビ畑
に、胸がザワザワしたのです。

今年も暑い日だった。
あの暑い夏だった長崎の8/9を迎え、、、
あの日出会った皆さんのことを思い出します。
りょうこさんに電話しました。
電話口でりょうこさんは元気そうに
話してくれました。今年も被爆楠のある
山王神社で子供たちに語り伝えたことを。
あの日僕が聞いたあなたの声は
ずっと響いていますよ。
そして多くの沈黙と叫びと祈りを
持ちながら8/15を迎えるのでしょう。
戦争を体験しなかった僕たちだから
こそ出来ることは沢山あると思います。
耳を澄まし、想像し、祈ることを学ぶ
祖父や祖母から聞いたあの夏を、
その夏に向かっていく多くの狂気と
生活を、青春を
りょうこさんや、あの日多くの語り部の方たちから
聞いた言葉を、響きを思い出し
家族や愛する人達のことを思って
あの夏に思いを馳せる。
1496244268360.jpg

今年の8/9のは、柴田大輔さんの写真展に行きました。
半世紀に渡る内戦のコロンビア
の中で逞しく生きる先住民の姿を生き生きと
映した素晴らしい写真展でした。
オープニングの豊川容子さんのユーカラは
虫や獣、風や木々の声たちに抱き締められている
ような感覚を覚えました。
トークではアイヌの女性二人と柴田さんによる軽快で
深いテーマの話も聞けて感嘆し溜め息が漏れました。
内戦によって山を捨てざる終えなかった人々。
都会に合わせなければ行けない暮らしの中で、
自分達の文化が失われていく。経済という名の
怪物によって。文明という名の悪魔によって。
政府と反政府軍の和平が成立した時には、
世代の断絶が残り、古老達は山へ帰るが若者は
都市の生活を捨てられない。
写真は、批判ともメッセージとも違う彼らの
姿を淡々と映す。いや、写真の被写体になっている
彼らの存在自体が強く訴えてくるのだ。
札幌市教育文化会館4階ギャラリーで13日まで
やっているので是非行ってない方は行ってみて
ください。

DSC_0929.JPG

明日、
8/13(日)は、矢臼別平和の家美術館オープニングで、
比嘉秀子さんの一人芝居とツーマンライブです。
僕はバンドのゴツ(カホン)と夫婦ユニットで臨みます。
矢臼別の平和の家美術館は、この地に
ずっと住み続けた反戦地主川瀬氾二さんの
意思を受け継ぎ、彫刻家の二部黎さんと
奥さんで詩人の倉谷あみさんが作り上げた
平和の美術館です。
自衛隊の演習場に囲まれたこの地で、人と自然が生きる姿を文化の力で発信し続ける
場所として根を下ろします。
明日は願いと思いが詰まったライブになるでしょう。
近郊の方是非いらして下さい。

IMG_20170806_165749.jpg

DSC_0949.JPG
posted by モノノケユースケ at 01:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする