2012年11月27日

☆ムックリタッチ&ミーの歩み〜☆

わたくし、モノノケユースケが所属しているロックバンド、
ムックリタッチ&ミーの10年の歩みっくす!

◯2001年
民族的魂とロックの魂を合わせ持ったコミック的ロックバンドを目指し、
ムックリタッチ&ミーと命名。
4月、勤労青少年ホームLets中央にて記念すべき初LIVE。いきなりWムックリと太鼓とオカリナという怪しいオープニング。ムックリを弾きながら「ハナサカジイサン、キキイッパツ〜」というvoおぐろっく
(現モノノケユースケ)の謎のスキャットに場内は騒然。 衝撃的&笑激的なデビューライブを飾る。
11月、大通公園にてLOVE&PEACEライブを企画。仲間達と共に音楽で平和を問いかける。

◯2002年
奄美大島にて島の持つ生命力に圧倒されたおぐろっくは奄美で受けたショックを1つの曲に昇華させた。その曲こそが後にバンドの代表曲になる『音の無い景色』。
以来、おぐろっくの歌詞にはよく「シマ」や「セカイ」という歌詞が度々登場してくるようになる。バンドは曲を増やしながら少しずつ活動の場を広げてゆく。Gキツネの作曲した『虎狩り』が猛威を振るった年でもあった。

◯2003年、
詩人吉増剛造氏に見守られながら、おぐろっくの歌の原点と言える『未想音小唄』が生まれる。ポツンポツン.....
Gキツネが脱退し3人となる。 キツネは後に古書店「書肆吉成」を開業。http://camenosima.com/

◯2004年、
パッション娘ことエリ花がキーボードで参入!現メンバーとなる。
石山緑地芸術祭に出演する。

◯2005年
4月、盟友かねあい(http://kaneai.jimdo.com/)&タケさん(http://www.triplefivestudio.com/)の協力のもと遂に
初音源、『世界孤独少年』『音の無い景色』完成!(2曲入り300円)
9月、知床にて詩人谷川俊太郎の朗読会【http://www.alp-museum.org/pages/alpnoyuube7.htm】の前座を務める。友人のミサピョン【http://www.myspace.com/wiwihusband】をサポートギターに招き何度かライブする。
元たまの知久さんとの共演を果たす(カーリーガーリー主催)。

◯2006年
2月、元劇団千年王国の柴田智之【https://sites.google.com/site/sibatatomoyuki/】、鹿野いづみ、白倉裕美などバンドの仲間らと公開秘密結社アジトにて音楽と演劇の唄物語「シマノクチ」を 上演。(脚本 おぐろっく/演出 柴田智之/音楽 ムックリタッチ&ミー)挿入歌として『シマノクチ』が生まれる。
奄美自由大学のボダーランズ冊子の付録CDに宮木朝子さん編集による『世界へ』が収録される。 野外でのかなりラフな録音だったが、宮木さんの編集マジックにて面白い作品に。
11月、おぐろっくとDrのゴツ結婚。結婚披露宴で受けた祝福や2次会のmoleでの演奏会は(超豪華出演者!:かねあい、佐賀優子、柴田智之、白倉裕美、鈴木種太郎、竹内聡、成山剛、吉澤智之、アディー、イソベック、オーノキヨフミ、ムックリタッチ&ミー、ワイワイハズバンド)は忘れられない思い出に。
新婚旅行先の沖縄で、参拝中の琉球王朝の末裔に偶然出くわす。

◯2007年、
バンド産休期間に入る。10月10日Baby(ゆうた)誕生!おぎゃ〜!!!!

◯2008年
11月、友人の経営するmusica holl cafe【http://www.musica-hall-cafe.com/】にて企画LIVE(ひいひいふうふうみいLIVE)を行う。

◯2009年4月、江別のドラマシアターDOMOにて柴田智之展におぐろっくとエリ花で出演。新曲『存在の踊り子』を初披露する。
6月、moleのライブにて元たまの石川浩二さんと共演!夢心地のセッション。
voおぐろっく主催の企画、オグロックナイトをムジカで開催!
この頃からおぐろっくのソロ活動が増え始める。

◯2010年3月、かねあい禁煙道場で久しぶりのバンドでのライブ。この日共演した
THE武田組の武田英祐一の歌声におぐろっく大いに衝撃を受ける。
6月の161倉庫のライブを最後にバンドのライブは休止。
ソロアルバム制作(2010年、2012年アルバムを発表)や企画ライブなどおぐろっくのソロ活動が本格化していく。



時は経ち、
2012年11月30日(金)、高橋洋平(シガーレットケース)をサポートに
迎えて、満を持して、いよいよ、ようやく、まったく、青臭く、わざとらしく
ムックリタッチ&ミー復活!そして、昨年祝えなかった10周年を
祝っちゃお〜ということで、11月30日皆様よろしくお願いします!

2010年161倉庫でのライブ映像「音の無い世界」
posted by モノノケユースケ at 06:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。