2012年07月22日

モノノケユースケあやかし絵巻〜妖怪が不在なのだ

誤解を承知で言うと子供の虐めは儀式なのだ。
それは本来虐めた方も虐められた方も人間として成長するための通過儀礼。
しかしそこにシャーマン的大人がいなくては儀式は未熟な戦争で終わってしまい悲劇が生まれる。
シャーマンは会話ができる人。
正義をおしつける人ではない。
現代はこのシャーマン的存在の大人が少なく思える。
妖怪が不在なのだ。

by モノノケユースケ
posted by モノノケユースケ at 07:40| Comment(0) | シャーマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする