2017年08月13日

今年も楽市楽座さんのゲストに出演雨に撃たれながらキジムナーを歌いました

FB_IMG_1501602258245.jpg

遅くなりましたが、先月末は野外劇団楽市楽座さんの札幌公演楽日にゲスト出演させてもらいました!
今年で5回目となるゲスト出演、毎年その時の自分にホッとな曲で臨むと決めていて、今年はボディペイント師の土岐さんにキジムナーペイントしてもらいキジムナーの歌を歌いました。

FB_IMG_1501602141054.jpg

DSC_0859.JPG

沖縄のガジュマル木に住む妖怪キジムナーが、戦場と化した沖縄で一人の女の子を助ける為に木から降りて撃たれる物語、、、
雨に撃たれる木々を見ながら回る舞台で濡れながら、物語を奏でていますと不思議とそこが沖縄かどこかの島かと思えてきました。
この曲が楽市楽座さんの公演とどう繋がるかは観た人の創造力によって補っていただけるのだとしんじます。
楽市楽座さんのお芝居は相変わらずパワフルでエネルギッシュ!
メッセージと神楽とエンターテインメントのアワセワザ!何も考えなくても大笑いできる場面があればグサッと刺さる場面がありそれらが思考を与えないスピードとパワーで踊っていました。
どんな姿になっても名前を失ってもたとえこの世からいなくなっても、忘れないってことなのだと言ってくれていたのだと、今振り替えって思うのです。
お化け達は自由に向かってまっしぐらに駆け抜けておりました!
終わった後いといろお話し、萌ちゃんTシャツ&楽市楽座を文で楽しめる『宝の島に会いたくて』もゲット!
楽市楽座の皆さん、来てくれた皆さん、ありがとうございました!
楽市楽座さん、次の公演も頑張って下さい!
また必ずお会いしましょう!

DSC_0863.JPG
IMG_20170801_080339.jpg
posted by モノノケユースケ at 00:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月06日

ニューシングル発売中!

【CM動画】
6/23のライブ&一人芝居企画で発売したモノノケユースケニューシングルの宣伝動画です。
CM動画作成:山田夏蜜

今作収録1曲目は、長崎でお会いした語り部の方の被爆体験の話を元に書かせていただきました。
2曲目は、福島の今を伝えつづける詩人関久雄さんの詩集の一編に曲をつけさせていただいたものです。
CD販売は今のところライブ会場での販売のみ予定していますが、欲しい方や気になる方がいればこちらまで直接連絡ください。
mononokerock096@gmail.com

収録曲
『ヒカリニカワル』
『たたり神』
 \500

参加ミュージシャン
モノノケユースケ(G/Vo)
えり花(Key)
福井岳郎(ケーナ/チャランゴ/サンポーニャ)
根深夏(朗読/Cho)

レコーディング&マスタリング:福井岳郎  
ジャケデザイン:えり花
ジャケイラスト:山田夏蜜

IMG_-6afr15.jpg
posted by モノノケユースケ at 19:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月05日

6/23比嘉秀子『生きる』無事終了しました。

IMG_20170627_010121_248.jpg

1498235151821.jpg


気がつけばもう7月ですね!
遅くなりましたが、6/23の公演無事終わったこと報告します。
あの日6月23日、沖縄慰霊の日に沢山の方が来てくれてあの場を共有出来たことが有り難く幸せでした。
改めてありがとうございましたm(__)m

ライブとお芝居。ミュージシャンと語り部のツーマンという大変希な企画だったと思います。
長年沖縄を背負い発信し続けてきた比嘉さんだからこそできる一人芝居『生きる』。
このお芝居には70年生きてきた比嘉さんの歩みの重なりと、生まれ育った沖縄の空気がそのままありました。存在そのものが沖縄を語っておりました。
そのお芝居に思いを馳せて今回の私の歌があったと思います。
ライブの最後にやった新曲、「キジムナーの遺言(コトバ)」は、絵本『鉄砲を持ったキジムナー』(田島ゆきひこ)に構想を得て書いたものですが、根っこには、10数年前から聞いてきた比嘉さんの語りがあったのだと、昨日のお芝居を見ながら気づいたのでした。今回のイベントの根底に流れていたのは、「語り」だったのだろうと思います。
今回発売したシングルの2曲、ヒカリニカワルもたたり神も、長崎の語り部、福島の詩人(語り部)の言葉から生まれた曲なのです。
そして、キジムナーの遺言から、二部の比嘉さんの一人芝居まで繋がる「語り」という流れの中にお芝居も音楽もあったのだと、改めて思うのです。叫びではなく語り。大勢に大きな声で呼び掛けるのではなく、一人に小さく語りかける。その「語り」の力を改めて感じるイベントになったのなら幸いです。誰かのことを思うとき、人は語るのです。その人のことを思って。
その思いの中に平和はあるのだと確信します。
IMG_20170626_203748_029.jpg

最後になります。今回のイベントのために協力してくれた方々、朝日の弓長さん、道新の大城さん、村ラジオの朴さん、ラジオカロスのつづきさん、フライヤ折りこみご協力いただいた劇団怪獣無法地帯さん、イマジン音楽祭さん、パトスさん、フライヤデザイン&ジャケイラストの夏蜜さん、レコーディング&演奏もサポートの岳郎さん、夏さん、ジャケデザイン&サポートのえり花さん、ムジカホールカフェ田所さん、当日いろいろ動いてくれたはるちゃんやスタッフの皆さん、当日折り鶴を持ってきてくださった智子さん、終演後ご自身の体験を語ってくださった井渕さん、そして、比嘉秀子さん。
来てくれた皆さん、本当にありがとうございましたm(__)m
また必ずお会いしましょう。
魂はこれからも歌っていきます。

モノノケユースケ拝
posted by モノノケユースケ at 10:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月30日

6月23日(金)沖縄慰霊の日のライブ&お芝居

IMG_20170524_192826.jpg

6月23日(金)沖縄慰霊の日に沖縄の比嘉秀子さんの一人芝居を企画させていただきました。モノノケユースケのレコ発ライブもあります。是非お越しください。

劇団グランマ第四回公演
比嘉秀子一人芝居『生きる』
原作/脚本 比嘉秀子 鷲頭環

『生きる』の内容
札幌を中心にうちなーぐちでの朗読活動を行う比嘉秀子さんの一人芝居。
戦前・戦中・戦後を生き抜いたオバァの人生を描いた作品です。
戦争の傷を背負いながらもその悲しみを貝の様に黙し続けたオバァが、孫との再会を通してやっと胸の内を語りだす。
「生きる」ことの意味を改めて感じさせてくれます。

一部では札幌を中心に活動するシンガー・ソングライターのモノノケユースケライブ。ゲストミュージシャンを迎えて、平和への想いを込めた曲を中心に演奏をします。

■比嘉秀子(ひがひでこ)
沖縄県出身。20代の頃より、うちな〜ぐちによる朗読を始め、舞台、ラジオ、学校、カフェ、サロン等、沖縄県内外で幅広く活動している。近年は、朗読の集大成として一人芝居を通し、沖縄の文化を発信し続けている。
文化コミュニティおきなわ工房、朗読「トライアングル」、劇団グランマ主宰。札幌在住。

■モノノケユースケ
ロックバンド「ムックリタッチ&ミー」のフロントマン。
繰り返されるギターのアルペジオ、心地よいメロディに乗せ、物語の様な詩が展開を重ねていく。
2011年3月11日の東日本大震災を機に、名前をモノノケユースケとして活動を始める。
2012年3月、1stソロミニアルバム「Indio in March(3月のインディオ)」を発売。
ソロの活動に加え、ダンサーやラッパー、歌い手、民族音楽家、役者とのコラボなどでライブや作品を発表する。
2015年6月、ラッパーのnobumc(pionner route)との共作で「ヒルコミュージック」を発売。
2015年8月、初の絵の個展『まつろわぬ鬼、祀ろうぞ鬼!』をmusica hall cafeにて開催。個展最終日には、音楽劇『オサキと芳一』(原案 モノノケユースケ、脚本/演出 SaKi)を上演。
2016年6/30〜7/3、劇団怪獣無法地帯の第24回公演作品『もし月が無かったら』(脚本/演出 伊藤樹)に楽曲提供(「存在の踊り子」)
2016年11月、水木しげるさんの一周忌に合わせて、音楽と芝居による『妖怪百歌物語』(脚本/演出 鷲頭 環)をmusica hall cafeにて企画。

■福井岳郎(ケーナ・チャランゴ・ギター・唄)

北海道を拠点に各地で多彩な活動を展開する、南米民俗楽器演奏者・作詞作曲家・唄歌い。1990年から2年間、ペルー・ボリビア・エクアドル等に滞在し、南米民俗楽器演奏の基礎を学ぶ。帰国後は「ティンクナ」のリーダーとして、南米音楽の演奏だけでなく、自ら作詞・作曲したオリジナル曲を中心にしたライヴで全国各地をまわる。これまでに自作のCDアルバム6枚を発売してきた。2005年からは劇団千年王國の音楽担当として「イザナキとイザナミ」「狼王ロボ」など7作品の音楽を作曲・演奏する。現在は、「トリトメトリ」「ワートシンフォニー」等のメンバーとしても活動中。

■根深 夏
札幌大谷短期大学音楽科声楽コース、同専攻科卒業後、北海道教育大学大学院修士課程を修了。平成23年から25年にかけて勇払郡安平町内公共施設にてコンサート、イベント26公演を企画。これまでに道内各地・岐阜県・熊本県など各地のコンサートに出演。2015年より南米民族楽器奏者・福井岳郎氏とユニットを組み、ライブ活動を行っている。
現在、札幌市を拠点として演奏活動、安平町で声楽指導を行う。声楽を大友ひろ世、富田とき子、ドイツリートを越田麻美、古楽を濱田芳通の各氏に師事。

【会場】
musica hall cafe(札幌市中央区南3西6-10-3 長栄ビル 3F)
【時間】
18:30開場/19:00開演
【料金】
¥2000(1d付)中学生以下無料

【公演】
一部 弾語りモノノケユースケライブ
出演 
モノノケユースケ(歌、ギター)/福井岳郎(民族楽器)/根深夏(コーラス、朗読)
二部 一人芝居 
出演
比嘉秀子

★この日に長崎と福島を題材にした2曲入りCDを販売予定!
1曲目は、「ヒカリニカワル」
2年前、長崎でお会いした語り部の方の被爆体験を聞き、そのエピソードを元に歌にさせていただきました。
2曲目は、「たたり 神」
福島のミュージシャンであり詩人の関久雄さん。3・11後、福島の今を伝える詩を書き続けている方です。その関さんの詩集に収められていた一編の詩に曲をつけさせていただきました。

連絡:mononokerock096@gmail.com
posted by モノノケユースケ at 23:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月17日

光の舟

先日の熊本チャリティーライブの日記です。遅くなりましたが、素敵な企画に呼んでくれた義人さん、つなぎ屋のべんちゃん、ありがとうございました‼
出演者の皆さん、来てくれた皆さん、ありがとうございました‼
この日は、いやいつもそうですがこういう意味合いのライブはいつも緊張します。
だからこそいつも以上に気持ちを強く意識して臨みました。
先日レコーディングした福島の歌、長崎の歌もやりました。
一つの闇を超えると後は自由でした。

曲目
存在の踊り子
もし月が無かったら
小豆洗いのセクシーダンス
祟り神(作詞 関久雄)
ヒカリニカワル 
IMG_20170416_001307_729.jpg
1492352664028.jpg

この日は、語り部の熊谷敬子さんの『かがり舟』の朗読との初コラボもやらせていただきました。あの日の津波の中で経験された現地の方の不思議な体験を元に語られる3.11が産んだ現代の遠野物語。
コラボの中からエンディング曲として「光の舟」という曲も産まれました。
IMG_20170416_233013_609.jpg
『光の舟』

光り 渡り 闇が 歌い
光り 渡り 闇が 歌う

光の舟を出せ
心に灯火を
光の舟を出せ
あなたの港に
かえるよ

光り 渡り 闇が 歌い
光り 渡り 闇が 歌う

ライブが終わって来てくれた方から
「寒気がした」という感想がありました。
僕が寒いギャグ言った訳じゃありませんよ笑
その方は大変感受性が強い方だったのでしょう。僕の歌が纏っているデーモニッシュなモノを感じてもらえたなら嬉しい限り。
少し芳一に近づけたでしょうか。
さあ、次は4/28です、
夜のイベントだし自分の企画なので思い切りやらせていただきます。
存分にデーモニッシュな世界を発揮できるようがんばります!
IMG_20170405_005307.jpg


4/28(金)
モノノケユースケ×Cuanto cuesuta企画
1周年フライングバースデーライブ
(中央区南4西6晴ればれビル2F)
19:00open
19:30start
1900+1D500

すずきゆい
松尾竜平
スクリュー高井
モノノケユースケ
nico.

posted by モノノケユースケ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする