2015年03月05日

ぬらりひょんの掟

逆転が起きている。
妖怪が不可思議だ、政治は現実だと誰もが思うだろう。
愛は不可思議でお金は現実だとなるだろう。
しかし、考えてみたら政治やお金の方がよっぽど不思議で掴み所が無いと思わないか?
よっぽどお金や政治の方がぬらりとしてひょんとした妖怪ぬらりひょんみたいじゃないか。
ずっと昔からあったしきたりなんだという顔をして、人の家に勝手にあがりこんでおきながら
主人のように振る舞う妖怪みたいじゃないか。

11018772_924917724225917_3234946774987692789_n.jpg
posted by モノノケユースケ at 10:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月04日

「5年目の3.11」に出演します。

425990_782716795138984_2278225269590860259_n.jpg

「5年目の3.11」というイベントに出演させていただきます。
民族音楽家の福井岳朗さんとダンサーのikuraさんとのコラボライブを展開します。
この3人でのライブは初めて。テーマは波。
南から北上し、流れる波は石狩の河口までたどり着きます。
波に乗ってたゆたう歌は、私という魂の容れ物にそそがれる。
そんなイメージ。

イベントは、3月10日と3月11日の2日間。
札幌駅地下歩行空間北3条広場が会場です。
僕らは、3月10日の19時からです。

551529_782717091805621_7447395273912202436_n.jpg

1512522_782717188472278_557176310278192869_n.jpg


2015年3月11日(水)|東日本大震災発生時刻である午後2時46分に会場にて黙祷を行います。多くの尊い生命とそれぞれの思いに祈りと願いをこめて。
■■■--------------------------
東日本大震災と福島第一原子力発電所の事故から4年。今、そしてこれからを見据え、様々な取り組みをしている北海道内、札幌市内の団体・企業が参加します。
■■■--------------------------

内容|参加団体・企業の取り組み紹介、古書・被災地仮設住宅の手づくり品などのチャリティー販売、ミニライブ、木育ワークショップ、募金活動、被災地の「今」を伝える写真映像 ほか

参加団体・企業|うけいれ隊、NGR、北の里浜 花のかけはしネットワーク、NPO法人コミュニティワーク研究実践センター、社会福祉法人 札幌協働福祉会、NPO法人 奏楽、NPO法人 チェルノブイリへのかけはし、チーム☆OK、手仕事よりそい隊 結☆結&ペングアート、福島県北海道事務所、NPO法人 福島の子どもたちを守る会・北海道、NPO法人 BetterDaysProject、株式会社 北海道宝島旅行社、北海道ブックシェアリング、みちのく会、NPO法人 みみをすますプロジェクト、ゆるほかプロジェクト<チーム健康棒>、Light Up Nippon Hokkaido、株式会社 ルーツ・オブ・ジャパン 
 
ミニライブ|奏楽、道庁女声合唱団 まうぴりか、ふるさとを歌う会in札幌 森の時間、Better Days Project、my&Jennie-stateless-、モノノケユースケ×福井岳郎× ikura

主催|5年目3.11実行委員会(北海道、札幌市、札幌駅前通まちづくり株式会社、NPO法人 北海道NPOファンド、北海道NPO被災者支援ネット) 
特別支援|キワニスクラブ共同基金

問合せ|5年目3.11実行委員会事務局  
北海道NPO被災者支援ネット 
札幌市中央区南8条西2丁目市民活動プラザ星園201  
電話1(プッシュホン) 011-552-5900 
posted by モノノケユースケ at 19:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月28日

闇に言葉を照らして vol.2〜魂のお家〜

image.jpg

いよいよです。

言葉に光をあてるキャンドルナイトライブを今年もやります。
言葉と音楽と踊りのライブです。
あたたかな時間をつくりたいと思います。皆さんのお越しをお待ちしています。
同時に、言葉も募集しています。
よろしくお願いします(^^)

以下詳細です。

キャンドルナイトライブ
「闇に言葉を照らして vol.2〜魂のお家〜」
3月14日(土)
Cafe & Bar Radio&Records
(札幌市西区琴似1条4丁目2-15 ニシムラビル3F)
http://radireco.com/about
18時半スタート
1500円(1ドリンク付)
※イベント中は会場を禁煙にさせていただきます。

★出演
モノノケユースケ
平松美樹
福井岳郎
SaKi
Nothing
★コラボレーション
ikura(ダンサー)
VJ Naoki(映像)

第一部 音楽の時間
18:30〜20:05

休憩10分

第二部 朗読と祈りの時間
20:15〜21:00
_______________________________

挨拶

昨年に引き続き今年もモノノケユースケ主催キャンドルナイトライブをやることになりました。
このライブは、音楽と朗読の2部構成で行います。
1部の音楽の時間では、素晴らしい出演者が揃いました。
音楽に身も心も揺らせお互いの心を開き、2部ではお客さん出演者全員参加の朗読の時間になります。
朗読する文章は、皆さんから寄せていただいた思いや願いの詰まった言葉達です。
昨年は、「命、願い、未来」というテーマで募集し、22人の方から寄せていただきました。
今年は、「手紙」と題して募集します。
思いを一つにし、一人一人の魂が繋がる時間になることを願います。
それを副題で、魂のお家、と表現しました。
3月14日、皆さんの参加をお待ちしております。



[言葉の募集]

言葉はいのち
いのちはロウソクです。
普段口にしない心の奥に眠る言葉にそっと灯りをともしてみませんか?

ろうそくに飾りはいりません。
あなたの思いを真っ直ぐに、ありのままの言葉を寄せてください。

テーマは、あなたの大切な人(物やことも含め)に宛てて書く手紙です。
手紙を届けたい相手をイメージして、言葉を紡いで下さい。

賛同いただけましたら、お手数ですが下記のアドレスまで"言葉"を送ってください。
募集締め切りは3/11までとさせていただきます。
皆さんからのお便りをお待ちしています。


モノノケユースケ拝
mononoke_rock@yahoo.co.jp


最後までお読みいただきありがとうございました。
posted by モノノケユースケ at 17:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月11日

5年目の3.11inチカホに向けて

今年の3.10〜3.11と「5年目の3.11」というイベントが札幌地下歩行空間北3条広場であります。
NGRの稲守さんの紹介で、今年は音楽で出演させていただくことになりました。
サポートで民族音楽家の福井岳郎さんとダンサーのikuraさんと3人で出演します。
私達は3.10の19時からです。
イベントは3.10〜3.11の2日朝から晩までやっています。
いろいろなことを考えるきっかけに、
もしくは一人で気持ちいっぱいになって抱えこむこと無いように、一緒に時間を共にできたら幸いです。
また、お知らせさせていただきます。

写真は、この前練習した岳郎さん宅に飾られた絵です。この絵は、森迫さんというアーティストの作品で、岳郎さんのCDジャケットの原画です。

image-2ad6c.jpg
posted by モノノケユースケ at 19:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月08日

アダム&イブな時間

友達のnobumcがうちに遊びに来てくれた。
久々の彼との語らいはまた一段と楽しひ。
共作第二弾、今回の曲は「アダム&イブ」昨年から少しずつ作り歌詞やメロディはほぼ出来ている
後は、nobu氏のラップやメロディが入れば出来上がりが近い。
今日少しやって構成も変わりそうだ、
そういうところがまた共作の面白さだ。
今年のどこかのライブで披露するだろう。今から楽しみ。
nobu氏と話して、この世には不思議なものなど無いということを改めて考える。最近ようやく読んだ姑獲鳥の夏の中禅寺秋彦みたいだと思ったのは、京極夏彦さんの影響だろうか。
しかし、全くそうだ。私達は同じ物を見ながら、それぞれの知覚で把握し波動で感じ、考えるからそれぞれ見えているものが違うだけなのだ。
それなのに他人も自分と同じものが見えているのだと思っているから、微妙に違ったり時には全く違うことに戸惑い、それが理解できないと不思議が生まれる。まあそれを妖怪と呼んでみたり、スピリチュアルと呼んでみたりするのだろう。
そこで考えた。この世に不思議はないが、この世は不思議だなと。
私達が見えている現実は実は亡霊だと。
妖怪は不可思議だ
政治は現実だと誰もが思うだろう
愛は不可思議でお金は現実だとなるだろう
しかし、考えてみたら政治やお金の方がよっぽど不思議で掴み所が無いと思わないか?
よっぽどお金や政治の方がぬらりとしてひょんとしたぬらりひょんみたいじゃないか。
ずっと昔からあったしきたりなんだという顔をして、人の家にあがりこんでおきながら主人のように振る舞う妖怪みたいじゃないか。
そんな亡霊を僕らは現実と呼んでいるんだなと。
妖怪は反社会的で人間は社会的?
障害者は反社会的で健常者は社会的?
芸術は反社会的で政治は社会的?
本当にそうか?

逆転現象が起きているだけなのだ。

鬱はこの様な狭間で産まれる
本来は回復のプロセスなのに、病気だと言って社会から排除する。
これも逆転現象の一つだ。
私も昔鬱になったから分かるのだが、
鬱はこの社会の矛盾に傷つき混乱した魂をもう一度回復させる為の、蛹のような状態なんじゃないだろうか。
私は音楽をやることで復活した。
そこで今考えると、音楽とは意識的に鬱を外に出す神懸かりのような、言わば自作自演の神楽なんじゃないか、と。
やはり音楽は、神と通じていた太古のルーツを今だに持っているひかりの呪術なのだなと改めて感心する。

随分長くなってしまった。
何が言いたかったのかと言うと、
こんなことをnobumcと話して考えたと言うことだ笑

2人の共作、アダム&イブをお楽しみに!(*^^*)
最後までお読み下さりありがとうございましたモノノケ!

次回ライブは、3/10、3/14、3/21
と続きます。
またお知らせさせていただきます(*^^*)
posted by モノノケユースケ at 01:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする